2011年11月03日

食品放射能調査 放射線汚染 なるべく避けるべき食品

放射能汚染をなるべく避けた食品を選んで料理しましょう。

食べ物の中でも
放射性物質をよく吸着してしまう食品
それほど貯めこまない食品があるようです。

今回の被曝によって子供たちにがんが現れるのは5年後以降
大人は10年後以降だと言われているそうです。

なるべく放射線汚染を避けるべき食品を見極めて料理したいものですね。

特にきのこ類は避けましょうむかっ(怒り)
秋の味覚であるさんまは比較的毒素を体に貯め込まないそうでホッとしました。

35.png 35.png 36.png

とはいえ、魚をスーパーで購入する際に放射線物質がどれくらいなのか
消費者にはわかりません。
国際環境保護NGOグリーンピースでは独自の調査とともに
緊急オンライン署名 スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!で署名を集めていますexclamation×2

食品放射能汚染が気になっら参考に↓↓↓

国際環境NGOグリーンピース 食品放射能調査

・全国の食品の放射能調査データ
農林水産省の発表する食品中の放射性物質の調査結果の全データ

posted by bonne at 11:29 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。