2011年09月23日

人口衛星UARSの落下の状況を見よう!

ニュースでみた人口衛星UARS落下iモード
まるで映画のようですが現実。
米航空宇宙局(NASA)が20年前に打ち上げ、既に運用を停止している人工衛星なので宇宙ごみとして漂っています。
もしも落下した場合はNASA補償してくれるそうです。

9/23に大気圏に突入し、破片の一部が地上に落下だそうですが
人口衛星UARS
大きさ:全長10.6m、直径4.5m
重さ:6.5トン
衛星の大部分は大気圏突入の際に燃え尽きますが
最大151キロの部品を含め計約500キロの破片26個が地上に落下するとみられているそうです。
しかも
破片が落下する位置は正確な予想は難しく
今のところ、破片は800キロ四方に散布されるとみられているとのことむかっ(怒り)
大きさはバスバス程度だとか。
バスが地上から落ちてくるなんて想像つかないもうやだ〜(悲しい顔)

そうなると人口衛星UARS落下の状況を知っておきたくなりますね。
NASAは英語なんで分かりにくいふらふら

人口衛星UARSの落下の状況を見よう!
文部科学省のFacebookで最新状況が見られます目
しばらくは要チェックひらめき






posted by bonne at 11:19 | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする