2011年07月06日

りんご病流行 症状や潜伏期間、治療は?

りんご病が流行っています。
りんご病は夏に流行しやすくこの夏は4年ぶりの流行だとか。
5〜9歳の子供に多い病気です。

6年前に長女がりんご病になりました。
ほんとにほっぺがりんごのように赤くなります。fo-e-03.gif
今は暑い晴れので頬が赤くなっている子供たち。
りんご病を発見するのが遅くなるかも..。

りんご病「伝染性紅斑」といいパルボウイルスによって起こる病気でうつります

<りんご病の症状>
・頬が赤くなる1週間〜10日前に風邪のような症状が出ます。
(この時期が人にうつしてしまう時期)

・最初、頬が赤くなります。
(この時期にりんご病と診断されますがすでに感染力はなく人にうつしません)

・手足にレースカーテンのような赤い発疹が出て時に体中に広がります。

・赤みは約1週間で1度消えますがその後も紅斑が出たり消えたりする症状が3〜4週間程度続きます。

<りんご病の潜伏期間>
感染から発症までの潜伏期間は10〜20日程度

りんご病は感染しても症状が出ない不顕性感染の場合も多いので
必ずしも発疹が出るわけではないそうです。

ひらめき妊婦さんは流産を引き起こす原因にもなるので注意どんっ(衝撃)

ちなみに成人は60〜70%は抗体を持っているそうです。mama09.gif





posted by bonne at 00:39 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする