2010年06月11日

タバコを吸っている人が禁煙したくなる死ぬ確率の数字

タバコを吸っている人が禁煙したくなる死ぬ確率の数字を見てみましょう。
タバコ片手に読んでみると禁煙したくなるかも...。

あせあせ(飛び散る汗)健康に良いにんじんのβカロチンを20mg毎日摂取すると
タバコを吸っている人は肺ガンになる可能性が20%あがるグッド(上向き矢印)

あせあせ(飛び散る汗)タバコを吸う人はタバコを吸わない人より
喉頭がんになる確率が32.5倍高いグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
肺がん4.5倍、食道がん2.2倍など。
がんだけでなく脳卒中にもなりやすく女性は2倍グッド(上向き矢印)

あせあせ(飛び散る汗)両親がタバコを吸っていると
タバコを吸ってない場合に比べてSIDS乳幼児突然死症候群になる危険が4.7倍になる。

タバコの本数喫煙喫煙喫煙


禁煙ではなくタバコの本数を減らせばと思っている人は残念ながらあまり意味がなく、
タバコ1〜19本吸う人の確率は同じ
亡くなった喫煙男性の5人に1人はタバコを吸わなければ死亡は防げたのかもという。



タバコやめたら禁煙
禁煙したら禁煙

ひらめき48時間で味覚、嗅覚が回復
ひらめき3ヶ月で息切れ、疲労が改善
ひらめき5年で肺がんのリスクが半分に減る
ひらめき10年で肺がんになるリスクがタバコを吸わないない人と同じになる

そう、10年たてば、怖い数字の確率から卒業できるってわけです。

タバコは百害あって一利なしというけれど
死ぬ確率の数字を見るとかなりドキリどんっ(衝撃)とするのでは。

禁煙を考えるきっかけになればと願う。
私も数字を目視しようと思った。
禁煙を考えようexclamation×2
posted by bonne at 15:39 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする