2010年05月21日

子供の床矯正がほぼ終わりました!

子供床矯正がほぼ終わりホッとしています。
床矯正は抜かない矯正、取り外しのできる器具を使っての
歯科矯正なのでおすすめです。

うちの子供床矯正費用
矯正器具で40万円、毎月1回¥4200が約4年間で20万円。
合計60万円有料有料有料
小学1年生からはじめました(永久歯の生えてくるのがとても早い子でした)

↓↓上は娘の歯がた 下が床矯正の取り外しができる器具
床矯正器具

↓↓歯がたをホントの口に見立てて器具を設置してみました。
こんな感じにはめるのです。
床矯正器具

でも今でも2カ月に1回、3カ月に1回と歯医者さんに通っています。
虫歯のチェック、
歯垢を落とす、
フッ素塗りも含めて
4200円は
定期検診と思えば、歯科矯正とは別に考えても必要。

ほぼ終わりというのは子供の場合、

親知らずは早くて中学生で出てくるらしく
その親知らずが生えてくると、またずれたり

そうでなくても若いので戻りがあるようで

その点では子供矯正
はい!おしまいってわけにはいかないみたいです。

子供矯正
お母さんの情報集めから!
いかに近くで安くと考えがちですが
床矯正も視野に入れてみてください。

矯正器具は入れ歯洗浄剤で洗います。
毎日14時間以上矯正器具を装着していると動きが早いそうです。

学校の国語や英語の授業、体育など身体を動かす際は
矯正器具をはめていないほうが無難。

娘の場合は学校から帰宅して夕方から矯正器具をつけていました。
順調だったので途中からは寝る時間のみでしたよ。

痛みはほとんどありません。
矯正器具を3日に1度巻いて広げます。
巻きすぎると、きつくなるのでハマらない。
ちょっときつくなったなと本人もわかり、いい具合なのが
慣れてくるとわかるみたいです。
張り切りすぎて、巻きすぎると検診で巻きすぎ〜ー(長音記号2)ってよく言われてました。
すぐ慣れるので小学校低学年でも本人のやる気さえあれば大丈夫手(チョキ)

ぜひ、通常の歯科矯正とともに床矯正も検討してみてくださいね。
posted by bonne at 15:42 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。