2009年09月18日

チャレンジ1年生とそれ以外の通信教材は??

根強い人気のチャレンジ1年生
通信教材の中で一番、新1年生の心をつかむ内容です。

しまじろうで馴染んできたベネッセのこどもチャレンジから
進研ゼミ小学講座のチャレンジ1年生に変わると
キャラクターがコラショになり、
小学校ビルでの新しい生活を具体的に教えてくれるのが
新1年生にとてもおすすめな部分です。

チャレンジ1年生のシリーズは
宿題や自宅での勉強を習慣づけるきっかけとして
かなり有能ぴかぴか(新しい)です。
なにより、子供の通っている学校ビルの教科書に合わせた
教材なのも魅力的exclamation×2

ところが.....2年生、3年生になってきたら
辞める子供が多いのも事実ふらふら

そして中学年ころから付録にばかり目がいって
肝心のドリルなどの勉強は進みませんちっ(怒った顔)
付録はいらないのでは...と感じる親も少なくありません。

ただ3,4年生になると取れるオプション「かがく組」がおすすめexclamation×2
「自然」「文化」「社会」「科学技術」の4分野のテーマを
ビジュアルとわかりやすい特集やストーリーで紹介してくれ
娘はハマって読んでました。
(毎月1冊月々980円)


チャレンジ1年生(進研ゼミ小学講座)との比較による他の通信教育>


ひらめき小学生の通信教育ドラゼミ
ドラえもんでおなじみの「小学館の通信添削学習」
陰山先生監修、教科書には合わせていない、付録あり。


ひらめきZ会
親子の学びに重点をおき、保護者用指導書を充実
教科書対応ではないがZ会独自のオリジナルカリキュラム

ひらめき作文力をアップする通信教育講座「ブンブンどりむ」
教育テレビでおなじみの「にほんごであそぼ」の指導をしている
齋藤孝先生監修

ひらめき学研 アクセル
幼児ははなまるきっず。教科書にあった内容。
また学研の「科学と学習」の科学は理科や実験離れをしている歯止めになりそうなサイエンスの内容が充実していておすすめ。

チャレンジ1年生でまずは1〜2年様子を見て
その後、他の教材に変更するのもおすすめです。

<その際のチェック項目>

添削の有無、教科書に合わせるかどうか、付録内容をチェック、
中学年や高学年の理科、社会への対応、作文や監修スタッフの教育方針をチェック目

我が家はチャレンジ1年生
1年間は確実に楽しく勉強してました。


posted by bonne at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。