2009年08月14日

防災グッズ 必要なものリスト

防災の日は9/1。最近の台風、地震の被害を見ていると防災について、人ごとでは済みませんね。
そこで防災グッズを買い揃えようと思いましたが
防災グッズは何が必要なのかリストをピックアップしました。

防災グッズ 必要リスト

<防災リュックに入れておくもの>


貴重品(5万円程度で10円玉を用意しておく)
飲料水・食料
軍手・雨具・ナイフ
懐中電灯・携帯ラジオ
ライターとろうそく・救急セット・衣類・ヘルメット
タオル・ポリ袋・トイレットペーパー・使い捨てカイロ
歯磨きセット・ティッシュ・薬や絆創膏・下着、着替え
ペンと紙

<枕もと>
靴(歩く際にガラス片や釘などから足を守るため)
上着(冬は特に)
携帯・ハンカチ(火災の煙よけ)

<ライフラインが停止した際>
大型懐中電灯・ろうそく
簡易ガスこんろ・固形燃料
ポリ容器やバケツ・飲料水と食料

<常時しておくべきもの>消火器・三角バケツ・応急救護用品・軍手・ロープ
防水シート・のこぎり・バール・スコップ・毛布
薬・女性用ナプキン・絆創膏
紙コップ・割りばし

赤ちゃんや幼児がいる家庭は更に防災グッズが増えますどんっ(衝撃)
ミルクや哺乳瓶・おむつはもちろん
着替えの服のサイズを毎年、変えることを忘れないようにひらめき

ひらめきポイントは
防災グッズといっても
災害が起きてすぐの一次防災用品

二次防災用品として
災害復旧までの数日間、自活するための
非常備蓄品としての防災グッズ
3〜5日分必要となるそうです。

またさらに 避難生活が長引く場合にあると便利なものも考えておくといいそうです。

そして準備の仕方のポイントひらめき

食品や飲料水の賞味期限のチェック。
重さの目安は男性で15kg、女性で10kg程度にまとめる。
リュックサックは背負いやすいのでお勧め。
1人1個程度に分散して収納。
すぐに取り出しやすい所に置いておく。
玄関先や車のトランクなどにも分散しておくとあらゆる場面に対応できる。

そして携帯携帯電話なども含め、家族でどのように集合するかなど
話し合っておくことも重要exclamation×2

毎年、防災の日9/1をチェックの日と決めて防災グッズを揃えたり整理したりしましょう。
posted by bonne at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック