2009年06月23日

漢検復活?!事件後初の検定実施だって。

漢検(日本漢字能力検定)ペンが事件後初の検定実施で復活ダッシュ(走り出すさま)
6〜7月の受験者数は昨年より30%減バッド(下向き矢印)だそうです。
「生まれ変わります」って復活した漢検ペンですが確かに文部科学省が実施を容認したのだから漢検ペンは受験に有効ひらめきと考えていいのかしら??
と親の間ではうわさになってます。

知り合いの高校生は学校ビルで団体で漢検ペンを受けるので強制。
小学生の娘は3大検定の漢検ペン、数検はまだ受けていませんが
冬に英検5級と漢検6級を受けます。
もちろん高校受験に向けて今後は漢検ペン、数検も受験する予定となると
事件後の評価が気になるところです。

受験料が安くなったって中学生ママに聞きました。
塾に行っていればすんなり団体で受けられる利点がありますね。

漢検などの3大検定は受験して合格exclamationして内申書本に書けるってだけでなく
級などのレベルアップは目標ができてモチベーションが高まるグッド(上向き矢印)
合否は自分のレベルを客観視できるので
内申書本目当てでなくても
受験する経過にも意味のあるものだと感じます。

今回の大人のお金の事件は情けない。
教育関係は特にシビアに捉えられて仕方のないこと。
でもそういった事件は子供にとっては何にも関係ない。

娘も何年後かに受験するであろう漢検の話題は
やはりかなり気になりますね耳

漢検は塾の会場で受験できると慣れている場所で精神的に有利ですね。
娘は塾に行っていないので
お友達と受験することにしました。
するとモチベーションが上がって勉強する気になります。
ひとりだとどうしても受験までの道のりが長くつらくつまらないものになってしまいますが
時々、友達と漢検の勉強進んでる?と話すそうで
そうすると勉強がはかどります。


posted by bonne at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。