2009年09月17日

幼稚園の願書に向けての幼稚園選び

初めての幼稚園選びをしているママは
願書をまずもらいに行く幼稚園をいくつか選んでおきましょう!

幼稚園願書受付までに幼稚園を決定するには

幼稚園の説明会に行くのは当たり前ですが
いくつかの幼稚園運動会に行くのをおすすめします。

幼稚園の運動会は一番、その幼稚園の雰囲気がわかりますひらめき

もちろん我が子を来年入園するこどもたちのリレーなどに参加して
お土産をゲットするのも楽しいけれど
その時間に合わせてだけでなく、時間に余裕を持って
競技をゆっくり見てみてください。

幼稚園の保育方針によって競技ももちろん全然違うし
すでに通っている保護者や先生の雰囲気も違います。

複数の幼稚園の運動会を見学することによって
はじめて実感できるのです。


幼稚園願書
だいたい有料ですね。
願書に入っている幼稚園情報、パンフレットは基本しかわかりません。
体感するのが重要です。

説明会もその幼稚園によって内容がさまざま。
園長の雰囲気もわかる気がします。

私が一番驚いたのは
園長がひたすらお金に関する話をしていた幼稚園どんっ(衝撃)
銀行引き落としの話や保育料以外にかかる費用などの説明ばかり。
そしてその幼稚園にしようと思っている保護者の方々の質問も
願書受付の列の並び方やいつから並んでいるかなどばかり。
保育方針はほとんど聞けませんでした。

幼稚園の外観や制服はしっかりしていても中身が伴っていない幼稚園ってあるんですね。

ヨコミネ式や久保田カヨ子おばあちゃんのような
しっかりとした保育方針のある幼稚園は少ないように思えます。


posted by bonne at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

民主党の配偶者・扶養者控除の廃止で専業主婦は?パートはどうなる?

鳩山首相になり鳩山新内閣が発足しましたね。

配偶者控除扶養者控除の廃止は
11年度以降になる見通しだそうだが

扶養範囲内でパートしている主婦はどうなるの〜?
私は専業主婦なんだけどどうなるの〜?
家計簿の中で考えるとこども手当の次に気になる点です。

いわゆるパートの103万円の壁が終わるということ!

今後は健康保険料・厚生年金料などの社会保険料の壁
働くことになるのかもしれません。
つまり
パートタイマーは正社員の4分の3以上働くと週30時間(1日6時間の週5日)で月間約120時間ぐらい働くと社会保険料を払わなくてはいけないので
時給1000円だとしたら、月12万円年収で144万円。
保険料は13500円位にもなり、年間16万円支払います。
4分の3以下にとどめて社会保険は支払わずに扶養者のままでいれば保険料は0円
ただし社会保険料は配偶者が控除廃止の分、上がります。

<現在>
パートの主婦は
基礎控除と
配偶者控除の両方の恩恵がある。

専業主婦は課税なし。
夫の所得から配偶者控除を受けられる。

<税制改正後>
仕事をしている働いている人だけが基礎控除のみを受ける。


ひらめき扶養の経済的支援は社会保障制度であるこども手当などでやっていくということ。
現状の所得控除では低所得者の恩恵が薄く、高所得者ほど恩恵がある。
社会保障での給付(こども手当など)は所得にかかわらず一律になるわけだ。


各家庭のシミュレーション試算では
配偶者控除扶養者控除の廃止と
こども手当で
負担増になる世帯は
子供なし、妻が65歳未満の専業主婦で
夫が現役で働いて納税する世帯

だそうです。

女性は子育てをしながら働ける時間、働きたい時間だけ
働く選択をすればよくなります。
今まで103万円の壁で扶養範囲内でしか考えていなかった主婦が
今後は健康保険料・厚生年金料などの社会保険料の壁を考えながら働くか、
扶養を考えず、働くか選択していく時代なのかもしれませんね。

近い将来の今後の各家庭の家計簿のみならず
これからの将来の
女性の働き方に対する影響がポイントひらめきだと思いました。
posted by bonne at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドセル 人気ブランドは??

ランドセルの予約がはじまってますね。
人気の洋服ブランドランドセル早めの予約必須です時計

ランドセル人気ブランド

1セイバンのランドセル 天使のはね
2ジャスコのランドセル
3メゾピアノ ランドセル
4ミキハウスのランドセル
5高島屋 ランドセル
6土屋 ランドセル
7ベネトンのランドセル
8プーマのランドセル

人気ファッションブランドのコムサ、組曲のランドセルなども上位です。

最近の小学校ビルではカラフルなランドセルがクラスに数人います。女の子のピンクはたくさんいます。ピンクでも赤に近いピンクからここ数年でかなりカラフルなピンクに変わってきています。
水色もそれほどびっくりしない。
さすがに黄色や黄緑となると目立つかな。

ちなみに我が家は5年前の天使のはね
女の子ってこともあってまったく痛んでません。


ランドセルを選ぶ際の先輩ママからのポイントひらめき

ひらめき6年間通うのだから高学年になっても気に入って使えるブランドの色やデザインにすることもポイントひらめきのひとつ。

ひらめき通学時間が長いお子さんは軽いランドセルにしてあげましょう。毎日の教科書とノートなどの持ち物は重いですよ。

ひらめき高価なランドセルでも、6年間で割って1年いくら?って考えるとランドセルの購入でお姉ちゃんお兄ちゃんになるやる気度がアップグッド(上向き矢印)するなら買ってあげようかなと思います。

初めは背負われてるランドセルも数年するとなじみ、高学年になると大きな子にはランドセルが似合わなく感じるのは私だけかしら...わーい(嬉しい顔)

posted by bonne at 00:51 | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。