2009年08月09日

右脳開発教室 大人のソナタ

右脳開発教室なるものがあるのを初めて知った。
大人のソナタで紹介していた脳トレーニングの中で紹介していた教室は
小学生が

フラッシュカード
イラストと文字が書かれた60枚のフラッシュカードを
一度見ただけで順番通りに全てを記憶する訓練。

目訓
右脳訓練に極めて有効だという訓練で、点や線をあらかじめ決められた順に目で追っていく。重要なのはスピードで目を速く動かすことによって、集中力を高めることが出来る。なんと小学生たちは色がついていないのにそこに銀色や虹色が見えると言っていました。そして

波動読み
といって、
本をもの凄いスピードでパラパラめくり、見た文章を文字にしていき、
頭に残った単語から物語を創作してイメージ力を向上するのが目的の訓練の様子が流れました。

そんなかなり独自の右脳教育をおこなっているのが、
幼児教室 右脳教育・潜在能力開発のHEGL(ヘーグル)

1期生は40人で現在、19歳。ほとんどが大学を現役で合格手(チョキ)しているとはいえ、まだまだ右脳教育は未知の世界だそうです。

あなたは右脳派、左脳派??
右手と左手を組んだ時に、
手(パー)右親指が上の人は左脳の働きにウエイトを置いていて
景色を見たり、誰かの話を聞いたりするときに、道筋立てて情報を受け止めるタイプ
手(パー)左親指が上の人は右脳の働きにウエイトを置いていて
直感的に情報を受け止めるタイプ

私は左親指が上でしたわーい(嬉しい顔)
posted by bonne at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。