2009年06月14日

アンデス ウユニ塩原

アンデスの山と山の間にあるウユニ塩原を初めて知りました。
真白なその世界はとてもきれいです。

しかも雨が降って少しの水が残ると
鏡となって空を映しだす。

天国のような世界。なんて神秘的なの。
これって天国?なんじゃない?

夜は星が映る。
どこを見ても明るい星たち。
ものすごい数の星。
日本がいかに夜に明かりを使い過ぎているか
情けなくなる。
星って地球のまわりにものすごい数なんだ。
ここで見る星って
宇宙ってほんものじゃないよ。

地球ってすごい。

NASAの協力でアメリカがウユニ塩原を調べていたけれど
何万年かけてできたと言われても
まったくピンと来ない。
ミネラルがたっぷりの塩。
自然って素晴らしい。

観光地ではないので
行ってみたいがそうそう簡単に行けないし
行ったとしても雨季で雨が降って少しの雨が残っている夜に
あたる確率はそうとう低いらしい。

中山エミリさんは新月の夜にあたったそうで
それって凄い。
でも彼女の感動はあまり伝わってこなかった。
若すぎ?
でも相当行くまでに疲れるだろうなぁ。

撮影されたその景色と実際に見るのでは
どんなに技術があっても
違うんだろうなぁ
見たいなぁ
いつか見にいけるだろうか...
でも観光化されて欲しくないしね。
日本の観光地のように
お土産屋でその塩が売ってたら
人間のことだもの、あっというまに
塩原を人口的にしてしまう。
人間ってそうやって母なる大地の地球を粗末に
自分たちのためだけに利用するだけ利用して
ひどくなってきたもんだから
エコって流行りみたいに
言って。
これから生きていく子供たちには
母なる大地を
もっともっと知ってほしい。

ただ
その塩が
お料理用で使われているらしいんだけど
売ってるかなぁ

結晶も素敵だった。

こうやって素敵な場所なら
科学も地理も歴史も好きになる。

スカパーを受信しはじめたから
なにかためになるチャンネルはないかなって見たけど
あまりない....。
緒方拳さんのプラネットアースなど
ものすごい映像を提供してくれてるのは
NHKだな、やっぱり。

どんどん、録画して
DVD化されないかもしれない番組も保存しておいて
子供たちが大きくなってからも
また見たい。
posted by bonne at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。