2009年06月20日

自然派化粧品のおすすめ

自然派化粧品のおすすめのポイントは
パッケージがおしゃれ!ってところ。
部屋に置いておくだけで
かなりセレブな雰囲気のボトルたちぴかぴか(新しい)

自然派化粧品は食物生まれだから肌にやさしすぎて
効果は期待できないのでは.......と思いこんでませんか?
高価なクリームをたっぷり塗りたくって
自分の肌を甘やかしていると
肌の自然な生まれ変わりのリズム
うまくできていないことが多いそうですよ。
上質なスキンフードと思うと大事さがわかるかも。

肌が本来もっている自然治癒力を信じてあげて、
ホリスティックなスキンケア
ぜひぜひあなたの肌で試してみましょう。

自然派化粧品トラブルにも活躍してくれます。
季節の変わり目、ストレス、生理などの時に
肌荒れやニキビに悩みますよね。
自然派化粧品の中には
食物の栽培からコスメの製造に至るまで
植物のパワーを最大限に生かして出来たエッセンスやオイル、
万能クリームがあります。

普段のお手入れは気にいった自然派化粧品
トラブルの時も自然派化粧品のアイテムをいくつか持っていると
便利です。

自然派化粧品の中で一番浸透しているのが
ロクシタンかな。
有名ブランドならクラランス
日本ではドモホルンリンクルなんですよね。ちょっと対象年齢は上の気がしますねぇ。
私はパッケージが素敵で好きな香りのものをいろいろと試してます。


きゅうりやレモンを輪切りに切って直接、肌にのせてパックしてた時代もあったみたいだけど
最近はオイルを使う手作りコスメも人気ですね。
肌の調子がいい時に試しましょう。

少しでも肌によい成分でお手入れを続けたいですね。
posted by bonne at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ベルマークって原始的じゃない?

今年は小学校の役員はやらないので
ベルマーク係になりました。今度で2回目です。

学期に一度集めます。
気づいたらはさみで切りとって瓶に集めておいて
回収袋が来たら
もう一度、周りをきれいに切って
セロテープで同じ番号を張り合わせて提出。

係はまず、クラス分を持って帰ってくるので
番号ごとにさらに大きく張り合わせます。
ここでもセロテープ登場。
おいおい、どんだけセロテープを使うんだっていうの。

学校に集まって全生徒のベルマークを
番号別にまたまたセロテープで張り合わせます。
このときのセロテープは学校のものですが....。

だいたい2時間かかります。トホホ!!

私はこれを仕事を半休にして出席。
仕事はパートではなく我が家の世帯主のため
フルタイム勤務です。
共働きはわからないけれど
世帯主である母がPTAや係をやることがどれだけ大変か。

家庭の事情はさまざまになっている現代、
ベルマーク係だけでなくPTAそのものが
負担なんです。

小学校は義務教育です。我が子の通っている学校のためと
言われてもその前に
毎月の収入がなければ生活できない。
最優先が仕事なんです。

それを仕事していても
必ずPTAの役員は一人の子供につき1回やるっていう
ほぼ強制的なのは勘弁してほしい。

ベルマークだけでなく昔のままにしてないで
どんどん進化していって欲しい。

藤原さんが地元は大変なんだとネットでも批判されているけれど
PTAを進化させるその行動力はすごい。
誰もマネできない。

ベルマークはメーカーが番号をつけて
ほら懸賞のときみたいに
それでポイントをつけるっていうのはどう?
とにかく切ってセロテープで貼って集めるっていう
あの原始的な作業に誰も文句を言わないのがおかしい。

学校の連絡網はメールにしてほしい。
地域によってはメールみたいですね、羨ましい。
だって仕事中に連絡網回されたって困ります。

保育園、学童保育もまだまだ問題は山積み。

ベネッセのHPではPTAはやっぱり大事的な意見ばっかりで
平均的世帯を中心にばかり考えてもらっては
増え続けるシングルマザー、シングルファザー、そして共働きの世帯は
我慢するしかない。
圧倒的に多い専業主婦にクレームは言えない立場になってる。

タグ:PTA
posted by bonne at 00:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

ぞうり

娘の通っている幼稚園は草履(ぞうり)、せったを推奨しています。
指定ではないものの、先生も履いています。

ぞうり

ぞうりなんだけど園庭では裸足。
遊具も裸足です。
教室でも裸足。
上履きはほとんど使いません。

ちょっと昔っぽいけど
子供たちは裸足やぞうりが大好き。

小学校になると靴下に靴、そして上履きに体育館履きなので
とっても嫌がります。
それから厚底の靴は転びやすい。
なぜなら、ぞうりの感覚で底が身体にしみついてないから。

土踏まずの形成にいいだけでなく、
芝生や土を裸足で立つと
母なる大地からエネルギーをもらいます。
コンクリートじゃ駄目よ。
親も運動会で裸足になってみます。
気持ちいいです。

もちろん、運動会前は石拾いや雑草取りをします。
だからコンクリートやそのへんの公園で裸足になりたいという
子供にダメダメと注意するのが大変です。

それからぞうきん絞りとぞうきんがけをします。
おやつはにぼしです。
暑い季節は上半身裸で遊びます。

冬は冬で免疫つくりのために寒風摩擦をします。
おかげでインフルエンザの流行は最小限です。

でも小学校に入ると
とたんにインフルエンザになりますけどね。

かなり昔ながらの方針を守りつづけている幼稚園なので
若いママたちはびっくりするようです。
でも選んで入園させたんだから
文句はなしよ。

それでも数年前に比べて
行事説明などのプリントの文面がとても長くなりました。
当たり前と思っていたことまでもが
注意事項として載ってます。

常識や当たり前ってその時代時代で変わるかもしれないけど
それにしたって、
世間知らず、常識はずれの親が増えてる。

マスコミで取り上げられるひどいパターンではなくて
日常の些細な事柄でです。


そして2,3年通っていると
ママ同士のトラブルが出てきます。

どうかはきちがえないで。
その友達はあなたの友達ではなく
子供が作った友達の親であることを。

小学校にあがったら
大してつながりのなくなる関係がほとんどです。

数人の自分の友達が作れたら最高ですけど。

そして子供をほったらかしにして見ないで
おしゃべりしているママたち、
ママ友を作りたいんだろうけど
しつけしましょう。

そしてママたちもぞうり履いてみましょう。
気持ちいいですよ。
posted by bonne at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。